設計以前。追求日記

建築学び、不動産でいろいろやっているブログです

不動産島サーチ1 「不動産業 はじまり」

おひさしぶりです。

すこし期間があいてしまいましたが、今回から、より焦点を不動産業にしぼって、更新です。

 

しかし、残念なことに自分は知らない事がたくさんありまして。

よんでくださっている皆さんのほうが知識が豊富、なんてことはザラにあるでしょうから…不動産論、みたいなことはできないです。

なんてことを考えると、手が止まってしまいましたが、ひとまず更新。

 

まとまったインサイトは示しきれないですが、不動産を経験して思い浮かんだ「検索ワード」をまとめていくように、やっていきます。

 

 

不動産屋のことがよくわかっていますか?

わかってないです。

素直に白状しますと、自分の学生のときには(といっても、けっこう最近なんですが)不動産屋のこと、よくわからず…というか意識する対象にあらず、といった感じでした。

「関係あるのかな〜」という。当事者意識がまったくない状況。

 

それに加えて、「不動産屋ってあやしいな〜」って思っていました。(今は「あやしい人もいるな〜」という気持ち)

「なんか軽い感じの人が多い」「チャラいな〜」と、賃貸の案内をしてもらいながら思っていたり。周辺の相場感もわからないなか、家賃のエビデンスも示してもらえないことも、もやっとポイントだったり。

 

人生で不動産屋にお世話になるタイミングは数回だったんですが、不信感しかなかったんですね、自分の場合。

関係ないと思っていると、情報が入ってきても取り込まないようで、ぜんぜんわからず過ごしてきました。

 

しかし、いまや僕は不動産屋さんです。なんと。

なので、不動産屋ってどんなものだろう、ということ、どんどんインプットしています(今更!)。今、いろんな本やネットの情報ありますね。精査も大事ですが、どんどんいっております。

 

 

 

不動産「業」のオリジン

今回の検索ワードは「不動産業 はじまり」

調べてみると、江戸時代の長屋経営が不動産業(いまだと賃貸管理っていわれるようなところでしょうか)のはじまりらしいです。

 

大手不動産会社が不動産業についてまとめたページは、以下のリンクをご参照ください。すごい面白いです。不動産は壮大でした。

不動産の「歴史」について|エイブル オーナーサイト

不動産業の歴史 - 賃貸のホームメイト

 

とくにエイブルさんのページ、すごい情報量をきれいにまとめていて凄いですよね…。

建築設計の歴史とは違う、不動産の歴史があるんですね。

 

実質的に現在の不動産業に近い業態がうまれたのは、明治時代だそうです。

 

こんな感じで更新します

 と、いうことで、星新一ばりの短さですが、こんな感じで更新してまいります。

皆さんは、全部しっていましたか?不動産の歴史。

 

なにかひとつでも発見があれば幸いです!

次回もよろしくどうぞ!